×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身長を伸ばす方法 栄養編

身長を伸ばす方法を知りたいと思いませんか?
身長を伸ばすために牛乳ばかり飲んでいると、逆に栄養が偏ってしまいます。
身長を伸ばすためにはバランスの良い食事で栄養を摂取するのが大切です。
身長を伸ばすために特に重要な栄養はカルシウムとたんぱく質です。
カルシウムは骨や歯を作るのに重要な栄養で、一日あたりの必要な摂取量は、成人の場合で約600mgといわれています。
だからといってカルシウムの取りすぎは逆に骨をもろくしてしまいますので注意が必要です。
身長を伸ばすために納豆や豆腐などの大豆製品やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品で適度なカルシウムを摂取しましょう。
たんぱく質は骨や筋肉の成長のために重要な栄養素ですので身長を伸ばすためには欠かせません。
1日の必要摂取量は体重×1〜2gといわれているので肉類、魚類や大豆製品をバランスよく摂取しましょう。
その他に、身長を伸ばすための栄養素としてマグネシウムや亜鉛があります。アーモンドなどのナッツ類には亜鉛やマグネシウムが豊富ですので、身長を伸ばすためのおやつとしてナッツ類を食べるのも良いでしょう。
栄養摂取はすぐに効果はあらわれないので地道に続けましょう。
その一方で背を背を高く見せる工夫もあります。
私が愛用しているのはワークブーツタイプのシークレットシューズです。
いつも利用しているシークレットブーツ専門店 で購入しているのですが、ここはワークブーツタイプやスニーカータイプのシークレットシューズがとても豊富です。

身長を伸ばす方法 睡眠運動編

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは睡眠中に分泌します。睡眠は中高生で8〜9時間、幼児や小学生は9〜10時間は必要と言われています。
充分に睡眠をし成長ホルモンを活発にさせ身長を伸ばしましょう。
睡眠前に食事をしたり、ゲームなどをやりすぎると脳が興奮したり成長ホルモンがうまく働かない場合があるので注意が必要です。
身長を伸ばすためには適度な運動が欠かせません。
運動により脳下垂体が刺激され成長ホルモンが運動後に分泌されます。また血行が良くなり成長ホルモンが体全体に行き渡りやすくなります。
スポーツ部などで運動するのが身長を伸ばすために良いでしょう。難しければ軽い運動や体操を30分程度続けるだけでも違います。
ストレッチだけでも適度な運動になります。適度な運動や体操は食欲増進にもつながります。
運動をする事は、身長を伸ばすカルシウムやたんぱく質を摂取する事にもつながるのです。
ただし、重量挙げや思いウエイトトレーニングは関節や骨を痛めたりするので身長を伸ばすための運動には向きません。
適度な運動は熟睡にもつながるので身長を伸ばすには良い方法です。

身長を伸ばす方法 サプリメント グッズ編

身長を伸ばすには適度な運動と栄養バランス、適度な睡眠が必要ですが、栄養摂取の補助的な役割としてサプリメントも良いでしょう。
あまり高価なサプリメントは必要ありませんが、マルチビタミンやカルシウムなどが良いでしょう。
成長ホルモン分泌スプレーなどもありますが摂取方法をよく守り、過剰摂取にならないように注意しましょう。
サプリメントはあまり飲みたくないという人に、身長を伸ばすためのグッズもあります。熟睡できて身長を伸ばすことが出来るパジャマや、身長を伸ばす酸素カプセル(O2カプセル)というのもあります。
潤沢な酸素が提供されているカプセルに入る事で、皮膚全体から酸素がどんどん吸収され細胞の再構築や回復を高めるたり、骨折の回復を高めたりするというものです。
ベッカムが酸素カプセルで骨折を早く直したことで話題にもなりました。
この機械に入り出てきただけで2〜3cm、人によっては5cmも身長が伸びたという人もいるようです。
その他身長を伸ばすための矯正ベルトやシークレットブーツなどさまざまなグッズがあります。



Copyright © 2007 身長を伸ばす方法はあります